堀 治喜(学長代行 野球文学部長)


1953年長野県生まれ 広島東洋カープ初優勝の昭和50年にジャイアンツファンから改宗したカープファン
広島県立皆実高校では野球部がなかったため、魔が差してバレーボール部に入部し、広島インターハイでラインズマンをつとめる一浪後に東京某大学に入学後は毎日スポーツ紙の野球記事にすべて目を通し、文系野球独学部卒

1993年から広島県北部の安芸高田市に草野球場「DREAM FIELD」作りをはじめ、同球場をホームグラウンドとする「コーンズ」の監督兼内野手兼球場管理人となり、フィールドワークとして「自分の野球場でプレイすることの心身に与える高揚感について」を研究(2006年に球場閉鎖とともにチームも解散し研究は未完のまま)

主な著書
「わしらのフィールド・オブ・ドリームス」(メディアファクトリー)、「球場巡礼」「マツダ商店(広島東洋カープ)はなぜ赤字にならないのか?」(以上、文工舎)、「衣笠祥雄はなぜ監督になれないのか?」(洋泉社)などがある
※フェイスブックページへ

高島 誠 (野球トレーナー学部長)


1979年広島県生まれ ベースボールパフォーマンストレーナー・Mac’s Trainer Room 代表
名古屋医健専門学校特別講師
仙台医健専門学校特別講師
一般社団法人 日本スリングトレーニング協会 理事

広島県立商業高校で硬式野球部に在籍。高校時代の怪我によりトレーナーを志し2001年四国医療専門学校卒。オリックスブルーウェーブ(現オリックスバッファローズ)にトレーナーとして入団。2005年、単身渡米しアメリカメジャーリーグのワシントンナショナルズで2年間のインターンシップトレーナーを経て2007年よりトレーナーに採用される。
そのオフシーズンに帰国しMac’s Trainer Roomを開業

主な著書
「運動連鎖から考える投球障害」(全日本病院出版会・共著)
※フェイスブックページへ

ブログでは書けない踏み込んだ内容!メルマガ発行中

 

岡上 和典(野球部教授 カープ学講座 講師)


九産大九州高から東海大学に進学。大学時代は肩痛に見舞われたのを幸い、遊びに張り切りすぎてほとんど試合には出られなかったものの、
その非凡なセンスが広島東洋カープのスカウトの目に止まり、2000年のドラフト会議で7位指名を受け入団。
俊足と好守で遊撃のレギュラーを手にしかけたが肘を痛めたことから満足なプレイができなくなり2007年に戦力外通告となり引退。
現在は会社勤めのかたわら、ヤングリーグに所属する「ユナイテッド・グロウズ広島」の監督として後進の指導にあたっている。

石黒 謙吾 (野球文化分類学部客員教授)


著述家・編集者・分類王
全国キャンディーズ連盟代表
日本ビアジャーナリスト協会・副会長

1961年生まれ 金沢市出身  星稜高校では、あまりのハイレベルに尻込みして野球部を断念するも、草野球歴37年で年間30試合というバリバリの現役プレーヤー。
2016年に草野球チーム「星涼」を創設
高校卒業後上京し、名曲喫茶で働きながら油絵描いて芸大3浪。ドロップアウト後、出版の世界に
講談社『PENTHOUSE』記者、『Hot-Dog PRESS』契約編集者時代は野球関係記事も多数手がける。著述家となってからは『Number』などにも寄稿している

主な著書
映画化されたベストセラー『盲導犬クイールの一生』、糸井重里氏に高評価を得た『2択思考』、図表を駆使し森羅万象を構造オチの笑いとしてチャート化する“分類王”の『図解でユカイ』ほか、
『エア新書』『ダジャレ ヌーヴォー』『カジュアル心理学』『短編集 犬がいたから』『CQ判定 常識力テスト』『ベルギービール大全』『ナベツネだもの』など幅広いジャンルで多数
近刊著書は、『分類脳で地アタマが良くなる』(KADOKAWA)

プロデュース・編集した書籍
ベストセラー『ジワジワ来る○○』(片岡K)、『ナガオカケンメイの考え』(ナガオカケンメイ)、『負け美女』(犬山紙子)、『ザ・マン盆栽』『読む餃子』(共にパラダイス山元)、
『ネコの吸い方』(坂本美雨)、『人が集まる「つなぎ場」のつくり方』(ナカムラクニオ)、『凄い!ジオラマ』(情景師アラーキー)など200冊以上
※ブログへ

菊地 選手 (野球部研究科客員教授)


選手・ライター・編集者
野球部研究家
元・巨人ファン研究家

1982年生まれ、東京都育ち
雑誌『野球小僧』『野球太郎』編集部員を経て、フリーの編集兼ライターに
プレーヤー視点からの取材をモットーとする。
著書『野球部あるある』(集英社)がシリーズ累計10万部を超すヒット書籍になった

主な著書
「野球部あるある 新装版」(集英社)
「野球部あるある2 新装版」(集英社)

小山 高生 (野球文学部客員教授)


1948年 東京都昭島市生まれ 東京都昭島市在住
ASIA最大の脚本家(身長194㎝)
大阪芸術大学キャラクター造形学科教授
1985年 第2回日本アニメ大賞脚本部門最優秀賞
1999年 第4回アニメーション神戸特別賞
2013年 第2回岡崎 功賞受賞

小学1年生から野球にハマり、4年生の時に鮮烈デビューした長嶋茂雄に憧れソフトボールチームでは4番サードで活躍。
早稲田大学野球部から読売巨人軍入団を期す(現在も、ジャイアンツファンというより長嶋ファン)
1968年、念願叶って 早稲田大学に進学するも、野球部ではなく文学部を卒業。1972年に竜の子プロダクションに入社し『いなかっぺ大将』で脚本家デビュー。
1974年10月14日、後楽園球場で長嶋茂雄のラストゲームが行われている際は「タイムボカン」の資料を広告代理店に届けるため観戦できず、
その後悔を引きずりながら、翌年夏 フリーとなる野球に関してはまだ思い残すところがあって、当学の教授陣に名を連ねることに

主なアニメ脚本作品
『タイムボカンシリーズ』『聖闘士星矢』『ドラゴンボール(Z)』『パーマン』『魔神英雄伝ワタル』など80タイトル800話以上。

主な著書
『元気玉』(二見書房)『コミック版「原因」と「結果」の法則』(サンマーク出版)『だからアニメシナリオはやめられない』(映人社)

スージー鈴木 (野球文化部客員教授 サブカル科)


1966年大阪府東大阪市生まれ
野球文化評論家
音楽評論家

1975年(昭和50年)にプロ野球に産湯をつかり、そのころは大阪河内の少年らしくタイガースファンだったが、80年代は野球からサブカルでに移行、
野球界に復帰した1994年からは千葉ロッテマリーンズファン
広島との関連でいえば、吉田拓郎、西城秀樹、矢沢永吉、浜田省吾、原田真二、世良公則、吉川晃司、奥田民生らを輩出した広島県は「日本ロックの首都」であると主張する。
また「高橋慶彦カープ監督」を熱望する

主な著書
『1979年の歌謡曲』『【F】を3本の弦で弾くギター超カンタン奏法』(共に彩流社)

主な連載
『週刊ベースボール』『水道橋博士のメルマ旬報(1984年の歌謡曲)』『東京スポーツ(スージー鈴木のヒット曲講座)』など

広尾 晃 (野球文化データ学部客員教授 )


1959年大阪市生まれ 立命館大学卒業
編著者・コピーライター・ディレクター

2009年よりブログ「野球の記録で話したい」を運営。 2011年、livedoor 「ブログ奨学金」入選。

主な著書
「プロ野球何でもランキング」(イーストプレス )
「プロ野球解説者を解説する」(イーストプレス )
「もし、あの野球選手がこうなっていたら」(オークラ出版)
「巨人軍の巨人 馬場正平」(イーストプレス)
「ふつうのお寺の歩き方」(メディアイランド )
「週刊ポスト」「読む野球」「文芸春秋日本の論点100」などに寄稿

村瀬 秀信 (総合人間学部客員教授 )


1975年生まれ 神奈川県出身
エンタテインメントとプロ野球で、クセのある人物が大好物のライター

幼少期からの大洋ホエールズ・横浜ベイスターズの熱狂的なファンでもある。
スタンド目線からの気配りのきいたヒューマンなライティングが特徴で、2010年からSports Graphic NumberのWeb版で「野次馬ライトスタンド」を連載中

主な著書
「プロ野球 最期の言葉」 (イーストプレス)
「ラストイニング 勝利の21か条 ─彩珠学院 甲子園までの軌跡─(共著 小学館)
「4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ 涙の球団史」(双葉社)
「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」(交通新聞社) など

主な編集書
「球団と喧嘩してクビになったプロ野球選手」(中野渡進著 双葉社)
「僕たちが愛したプロ野球 80年代パ・リーグ」(責任編集・スコラマガジン) など

えのきど いちろう

1959年秋田県生まれ。コラム二スト。
大学在学中に仲間と創刊したミニコミ誌が某雑誌の編集者の目に留まって商業誌デビュー以降、広い守備範囲で各紙誌にコラムやエッセイを連載している
そのシュアーな執筆ぶりは業界でも評価が高く、連載紙・誌35本の《最多連載本数》(当校調査による)の記録保持者
北海道日本ハムファイターズのファンとしても知られ、著書に『F党宣言! 俺たちの北海道日本ハムファイターズ』(河出書房新社)のほか、近著に『本当は、死ぬまで野球選手でいたかった」(ベースボール・マガジン社)がある

ガスコット清美(比較野球文化人類学科准教授)

大学卒業後、日本テレビのバラエティ番組制作スタッフを15年。
家族・親戚・同僚から「もう清美は一生結婚しないんじゃないかしら?いや、しないね」と断言される中、本人も驚きの『40歳での結婚』、『相手はカナダ人』、そして長年勤めたテレビの仕事をスッパリ辞めて『カナダに移住』という、まさにバラエティに富んだ人生を謳歌中。

2012年にカナダ・バンクーバーに移住後はフリーライターとして現地の日本人向けサイトや日本のスポーツ雑誌に記事を執筆。
2015年からは本格的にスポーツライターとして様々なスポーツイベントを取材中。
父親が社会人野球をやっていた事もあり、子供の頃から野球が大好き。

学長代行の堀 治喜氏が仲間と共に作った「DREAM FIELD」の事を大学時代に新聞で知り、インターネットも無かった当時、新聞社に連絡し、担当記者から堀氏の連絡先を聞き、翌週には会いに行くという、アイドルの追っ掛け並みの行動力で堀氏と知り合う。DREAM FIELDでは、あのスーパースター・高橋慶彦氏とプレーした経験有り。

過去担当番組】
「1億人の大質問⁉︎笑ってコラえて」
「人生が変わる1分間の深イイ話」
「しゃべくり007」 他